みえ産学官連携DXアイデアソンを開催しました

 令和6年2月15日に鳥羽商船高等専門学校にて、DX(デジタルトランスフォーメーション)により、企業の悩みや課題解決を目的に県内企業と三重県、鳥羽商船高等専門学校の学生らによるアイデアソンが三重県主催で実施されました。
 アイデアソンでは、各企業が抱える課題についてグループごとに話し合いを行い、解決方法についてプレゼンテーションを行いました。

グループワークの様子

プレゼンテーションの様子

 

※アイデアソンとは
アイデアとマラソンを組み合わせた造語で、特定のテーマについて時間内にアイデアを生み出すイベントを指します。

※本イベントは三重県が主催となり、鳥羽商船高専の学生が起業した「エザキラボ株式会社」が三重県から受託される形で開催されました。

ページの先頭に戻る