高専ロボコン デザイン賞&特別賞(安川電機賞)のダブル受賞、全国大会出場

 「アイデア対決全国高等専門学校ロボットコンテスト2017東海北陸地区大会」が、10月15日に、本校主幹で伊勢市にて開催されました。
 本校からは、Aチーム(ロボコン部チーム:鳥羽G3)、Bチーム(M5卒研チーム:忍者羽鳥)の2チームが出場しました。
 競技は2つのチームによる対戦形式で行われ、1チームが2台のロボットを操作して相手のロボットと陣地に取り付けられた20個の風船を割る数を競いあいました。
 Aチーム(ロボコン部チーム)は、緒戦1回戦で強豪福井高専Bチームに相手の陣地の風船をすべて割る勝利、2回戦で金沢高専と陣地の風船が同数もロボットの風船の個数で優勢勝ち、準々決勝で石川高専に陣地の風船の個数の優勢勝ち、と勝ち進み、準決勝で、昨年度優勝校の富山高専本郷Aに敗れ、ベスト4の戦績を残し、デザイン賞を受賞、12月3日に行われる全国大会へ審査員推薦チームとして出場となりました。全国大会へは昨年度に引き続き、2年連続の出場となります。
 Bチーム(M5卒研チーム)は、2回戦からの登場で富山高専本郷Aチームと対戦するも破れましたが、特別賞(安川電機賞)を受賞しました。
 今大会の模様は、11月23日(木)に、NHK総合テレビにて放映予定です。 (お住まいの地域の地区大会が放映されます。本校出場の東海北陸地区大会の模様は、東海北陸地域の各県でご覧いただけます。 )