高専プロコン 主管校で最優秀賞獲得

 10月8日9日に鳥羽商船高専が主管校として開催いたしました、全国高専第27回プログラミングコンテストの自由部門において、「みつばちず」チームが最優秀賞・文部科学大臣賞を受賞しました。

 また、トヨタコミュニケーションシステム企業賞を「HOME LOG」チームが受賞、東芝ソリューション企業賞を「みつばちず」チームが受賞しました。
 競技部門では「田男(でんまん)」チームが準決勝進出を果たしました。
 この大会は、全国高専の持ち回りで実施しておりますが、本校の教職員50名以上、学生120名が運営に関わりました。運営関係者からは、大変素晴らしい大会だったとの感想が多く寄せられております。

 大会運営には、同窓会から学生交流会の記念品購入費など多大なる支援をいただきました。校長を委員長とする実行委員会を代表してお礼させていただきます。