Open Hack U 2015 で最優秀賞などを受賞

 11月7日にOpen Hack U 2015が開催されました. Open Hack U とは,アイデアを元に制限時間内でウェブサービスやアプリのプロトタイプを開発させよう,という学生/生徒を対象としたイベントです.
 本コンテストには,4チームが出場し,最優秀賞・Y!mobile賞をチーム:アンボーイズの「Tinker」が,ヤフオク!賞をチーム:腹減りボンバーの「スマキ!」が受賞しました.
 最優秀賞・Y!mobile賞をダブル受賞した「Tinker」は,スマホを投げて,スマホが空中にいる間のスロー動画を撮影して閲覧することが出来るアプリです.ティンカーベルが宙を舞っているような動画を撮れるのが特徴です.
 「スマホを投げる」という斬新な発想と,アプリの完成度の高さが評価されました.
 ヤフオク!賞を受賞した「スマキ!」は,体のサイズをスマホで撮影するだけで測定し,理想体型と比較したり,ヤフオクから商品をおすすめしてくれるアプリです.
 「通販では洋服のサイズが分かりにくい」という課題を,アプリで手軽に体形を計測することで解決したことが評価されました.
 他の2チームは,惜しくも賞を逃しましたが,とても楽しいプレゼンで会場を沸かせていました.
 以下に,本校からの出場チームを紹介します(発表順).

・ チーム「とりのはるまき」: さわっておしりあい 無理やり自己紹介をさせて人見知りを解決するサービスで,体に付けたタブレットを触ると自己紹介が表示されるシステム.
・ チーム「ころりん」: おむすび パロディ動画を簡単に作れるWebアプリ.シナリオ作成支援機能やエフェクト付加機能がついていて,シナリオに従って撮影するだけでパロディ動画が出来上がるシステム.
・ チーム「腹減りボンバー」: スマキ! 体のサイズをスマホで撮影するだけで測定出来るアプリで,理想体型と比較したり,ヤフオクから商品をおすすめしてくれるものです.
・ チーム「アンボーイズ」: Tinker スマホを投げて,スマホが空中にいる間のスロー動画を撮影して閲覧することが出来るアプリです.ティンカーベルが宙を舞っているような動画を撮れるアプリ.