学生が総務省主催:ICTビジネスプラン・ブラッシュアップ講座で講師として活躍

 

 平成27年8月5日、広島市において“I-Challenge!スタートアップセミナー2015 in広島”が開催されました。

  これは総務省・中国総合通信局、一般社団法人HiBiS及び中国情報通信懇談会と共催で、起業を目指す学生を対象としたセミナーです。

 鳥羽商船からは、昨年度の高専プロコンチームメンバーで起業家甲子園参加経験者の女子学生が講師として登壇しました。 ビジネスプランの紹介と起業家甲子園で学んだことを堂々と発表しました。

  セミナーの参加者にも女子生徒が多く、年齢的にも近かったので、延長線上の存在として映ったと思います。

 その後、活躍する起業家とのトークセッション及び参加者と合同でグループディスカッションがおこなわれました。

 学生の観点から自分の意見を述べ、期待されていた役割をきちんと果たしていました。

 高専プログラミングコンテストから起業家甲子園までの1年の成果を発揮することができました。

 また参加者からも「発表の時のキラキラした笑顔が、これから女子学生につづいてコンテスト挑戦する人に良い影響を与えた」と講評を頂きました。

 発表の様子などは総務省 中国総合通信局のホームページに掲載されています。

 

 http://www.soumu.go.jp/soutsu/chugoku/fieldinfo/01sotsu08_01000441.html