少林寺拳法部、全国高校総体出場を鳥羽市長へ報告


 平成27年7月27日、全国高等学校総合体育大会少林寺拳法競技大会に三重県代表として出場する本校少林寺拳法部のメンバーが鳥羽市役所を訪れ、木田久主一市長に抱負を語りました。
 本校から同大会に出場するのは、商船学科機関コース3年大塚美紗さん、同科2年近藤貴也君、電子機械工学科2年稲田遊君の3名です。
 昨年に続き、2年連続で出場する大塚さんは、「昨年は実力を発揮できなかったので、今年は堂々とした演武をしたい」と意気込みを語り、鳥羽市長からは、「日頃の練習の成果を発揮し、良い成績を残してください」と激励を受けました。
 同大会は平成27年7月30日(木)から4日間に渡って兵庫県立武道館にて行われます。