全国高専プログラミングコンテストにて優秀賞・特別賞を受賞

 平成26年10月18日19日に岩手県一関市で開催された第25回全国高等専門学校プログラミングコンテストに本校制御情報工学科の3チームが参加しました。

 自由部門にて「はなまるフォーム」が優秀賞(準優勝)、課題部門にて「人(ヒート)マップ」が特別賞(3位相当)を受賞しました。また、「はなまるフォーム」はNICT賞として起業家甲子園への出場権も獲得しました。

 「はなまるフォーム」は、スポーツの上達をサポートするアプリで、これまでにないほど簡単な操作で自分や手本となる人の動きを確認することができます。 審査員からも「素晴らしい!」「アプリとして配信しているのか」と絶賛の意見をいただきました。

 「人(ヒート)マップ」は、人の行動を地図に可視化するアプリです。SNSなどから情報を集め、地図にまとめることで災害時などに「この道は冠水しているようだから別の道を通ろう」などの判断をすることができます。 デモンストレーションの時間外でも一般参加者が「人(ヒート)マップ」を使っている姿を見かけることもあり、十分なアピールができたようでした。

 また、競技部門は初戦を2位通過しましたが、準決勝ブロックにて8位となり、残念ながら決勝進出はなりませんでした。

 
 自由部門 「はなまるフォーム」 優秀賞、NICT賞:起業家甲子園出場権獲得

 課題部門 「人(ヒート)マップ」 特別賞

 競技部門 準決勝進出