公開講座「おもしろ理科実験」を開催

 平成25年8月3日(土)に公開講座「おもしろ理科実験」を開催し、中学生9名が参加しました。
 この講座では、一般教育科の冨澤教授、澤田准教授とアシスタントを務める本校学生らの指導のもと、中学生が化学、物理実験を行いました。
 化学実験では牛乳を用いてゴムを作成し、薬品量を変えるとゴムの性質が変化する原理を学びました。物理実験では簡易分光器を作成し、白熱電球、水銀灯などの光源を覗き、含まれる光の波長の違いを観察しました。

 受講生からは「初めてゴムを作ったので、とても楽しかった」「光と原子の関係を学ぶことができた」などの感想がありました。

 

 

写真1 写真1
写真1 写真1 写真1