公開講座「手作り太陽電池」を開催

 平成24年8月6日(月)~7日(火)に公開講座「手作り太陽電池」を開催し、中学生11名が参加しました。
 毎年、定員を上回る受講希望者があるこの講座は、電子機械工学科の水野教授とアシスタントを務める本校学生らの指導のもと、中学生が太陽電池の仕組みやパネルの制作方法を学び、太陽の光が電気に変わるおもしろさを実感していただく講座です。
 受講者は1日目に、はんだごてを使って、セルと呼ばれる半導体をつなぎ合わせる作業を行いました。2日目は、枠にはめた太陽電池を屋外に持ち出し光に当て、覆いを当てるなどして光の強さよる発電量の違いを学びました。受講者からは、「太陽光パネルの作り方を学ぶことができてよかった」などの感想がありました。なお、本講座は、新聞、TVで紹介されました。