専攻科学生が「MIRU2012」で研究発表

 8月6日~8日に福岡県で開催された「第15回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2012)」において生産工学システム専攻1年の斎藤航さんが、研究発表を行いました。
 「画像の認識・理解シンポジウム」は、画像の認識と理解技術に関する国内最大規模の会議であり、基礎から応用まで最新の研究成果の発表の場となっております。
 斎藤さんは、専攻科で行ってきた研究成果を「加速度センサと角速度センサを用いた電子ペンにおける筆記形状復元」のテーマで、新規に開発した電子ペンにおける評価実験について発表しました。

写真1 写真2