滋賀県草津市立玉川中学校において模擬授業を実施

 平成24年7月3日(火)に滋賀県草津市立玉川中学校において商船学科の模擬授業を実施し、3年生の生徒計36人が参加しました。
 本授業は玉川中学校の進路学習の一環として行なわれたもので、石田商船学科長が本校の概要説明を行った後、模擬授業「航海システム論」を中学生にも理解できる内容で講義をしました。
 授業を受けた生徒からは、「普通の高校と違って、より専門的で自分の学びたいことを深く学べそうだ」、「船について知識を深め、興味をもてた」、「1年間船に乗って実習ができることに魅力を感じた」といった感想がありました。また、クラス替えがないことや寮生活に興味を示した生徒もいました。