プログラミングコンテストで3年連続特別賞を受賞

 平成23年12月22日~23日に京都府舞鶴市で開催された「第22回全国高等専門学校プログラミングコンテスト」の自由部門において,鳥羽商船高等専門学校制御情報工学科の「うえきもち」班が特別賞(3位相当)を受賞しました。
 「うえきもち」班は、Android携帯端末のカメラ機能を利用して,育てている観葉植物の気持ちを観察できるシステムを開発しました。植木鉢に取り付けられた温度・湿度センサなどの値から、植物の気持ちを推定し、「今日は暖かくていい気持ちです。」や「寒いから日の当たるところに移動してください。」などの気持ちがグラフィカルに表示されるシステムになっています。  
 このシステムは,植物とのコミュニケーションというアイデアやかわいらしいビジュアルが高く評価されました。また,協賛企業の「チームラボ」からも特別表彰を受けました。
 今大会には,「うえきもち」班のほかにも,課題部門に1チーム,自由部門に1チーム,競技部門に1チーム出場しました。予選を通過して4チームを送りこんでいる高専は他になく,鳥羽商船高専の層の厚さを示しました。

部門 タイトル 参加学生 指導教員
課題
部門
敢闘賞 地域まとめーしょん I3小林真佐大,島影瑞希,ザヤー,I2服部龍太郎 江崎 修央
自由
部門
特別賞 うえきもち I5木下美優,I4西岡壮大,I3藤原正希,I2坂下雄摩 江崎 修央
自由
部門
敢闘賞 ぷち・やさいふぁくとりー 
―ステレオカメラで野菜を育てよう―
P1杉田 敢,I3木下翔太,淺井成充,柴原基希,江口燿平 白石 和章
競技
部門
  Stamp Stamp Stamp I4アマラー,井上修輔 江崎 修央
写真1 写真2 写真3
写真4 写真5 写真6