みえアカデミックセミナー2011を開催

 三重県生涯学習センターとの共催で、7月9日(土)に「みえアカデミックセミナー2011」を同レセプションルームにおいて開催しました。
 このセミナーは、県内の大学、短期大学、高等専門学校の全15校の高等教育機関が連携し、各校の研究紹介や日常的な課題について公開セミナーを行うものです。
 本校からは、電子機械工学科 廣地武郎教授が「雪や氷の冷熱エネルギーを利用した冷房」一般教育科 豊田尚子准教授が「変体仮名で中世のなぞなぞを解く」の演題で講演しました。

 参加者から廣地教授に、この冷房の費用対効果の問題について等の質問があり、豊田准教授には、なぞなぞを考えた人達の時代について等の質問があり、活発な質疑が行われました。

 

写真1 写真1 写真2