日本ユース陸上競技選手権大会男子10000m競歩で2位

 第5回日本ユース陸上競技選手権大会(1994年1月1日から1996年4月1日生まれの競技者の日本選手権)が、5月1日(日)に石川県西部緑地公園陸上競技場にて開催されました。
 本校から、男子10000m競歩(参加標準記録を突破した9名がエントリー)に出場した岩橋裕真君(制御情報工学科2年)が、強風の中、47分36秒40のタイムで2位に入賞しました。本校陸上競技部からは、2003年の国体2位以来の全国入賞(高専大会を除く)です。
 この大会は、7月にフランスで行われる第7回世界ユース陸上競技選手権大会代表選手選考会を兼ねていました。世界ユースには、過去の入賞ライン程度の記録を有するもので、各種目2人以内の競技者が日本代表として選考されます。
 今回の岩橋君は、冬の故障での出遅れと当日の強風のため、タイム的には選考基準を満たしていませんが、5月の県高校総体および6月の東海高校総体でのタイム(いずれも5000m)も選考対象となりうるようです。チャンスのある限り、日本代表を目指しての挑戦が続きます。