平成21・22年度に導入された本校の設備

 平成21・22年度に導入された本校の設備を紹介します。

 電子計算機演習室  
総合情報センターでは,学生の演習用にコンピュータを更新しました。昨年度までは,2つの演習室で100台のPCを設置していましたが,今年度からは演習室を1つ増やして,合計150台のPCを導入しています。オペレーティングシステムには,Windows7およびUNIX系のFreeBSDを採用し,プログラミングやCADなどの実習に利用します。もちろん,最新のオフィスツールもインストールされています。
 放電加工機  
本加工機は,金型加工に使用される合金鋼など硬い材料の高精度な形状の切断加工が可能です。そのため,研究・地域連携・実験実習及び複雑なロボコン等の部品・治具・装置類の製作に活用が期待されます。
 造波装置  
海象を再現する風洞水槽において波浪を発生させる装置で,昭和49年に設置された装置の更新です。波高100mmまでの規則波,50mmまでの海洋波を再現する不規則波を作ることができます。
 船舶用発電・配電教育システム  
本システムは,実船舶に即した発電,配電操作を実習する装置です。特に,実船舶では行えないような,緊急時における対処方法を実習します。これにより,初等機関士としての実践力を鍛えます。
 高速精密切断機  
50年近く活用されていた砥石切断機を更新しました。水平下降タイプのバンドソーマシンです。この切断機で,従来より安全で容易に通常の切り落し切断・金型加工・アリ溝加工ができます。