鳥羽市総合防災訓練に鳥羽丸が参加

 去る1月22日(土)鳥羽市小浜町(小浜漁協前埋立地)において、鳥羽市をはじめとする18機関が参加する鳥羽市総合防災訓練が行われました。
 同訓練は、東海、東南海・南海地震により大地震が発生したことを想定に実施され、本校は、鳥羽市との「災害時協力協定」に基づき、鳥羽丸が地元漁船との連携による生活物資搬送・受け渡し訓練に参加しました。
 又、学生も参加し、防災訓練本部、鳥羽丸及び本校無線室との無線による相互通信訓練も実施しました。
 鳥羽市は、離島も多く、また陸路が遮断された場合には船舶による被災者の救援・支援は必要不可欠であり、今後、海上保安庁、市営定期船及び民間の船舶との協力体制の推進を図る予定です。

写真1 写真2 写真3