平成22年度 東海地区高専留学生交流会に参加

 去る12月23日(木)~25日(土)までの3日間、「平成22年度東海地区高専留学生交流会」が、鈴鹿高専の主管校で「国立乗鞍青少年交流の家」で開催されました。同交流会には、留学生42名、教職員18名が参加し、本校からはズン君(電子機械工学科3年)、アマラー君(制御情報工学科3年)、ビレゲ君(制御情報工学科4年)の3名が参加しました。
 この交流会は、東海地区5高専に在学中の外国人留学生が一同に会し、それぞれの自国の状況、在留中の勉学・生活状況等について情報交換を行うと共に、スキーを通じてお互いの理解を深め、今後の留学生括に役立てることを目的とし毎年実施しています。
 初日は、留学生交流会で自己紹介などにより交流を深め、2日目~3日目のスキー実習では、初めてスキーを体験する留学生もいましたが、後半には慣れて自由に滑走を楽しむまでに上達しました。
 参加した留学生からは、「交流会に参加してよかった」、「来年も必ず来たい」などの感想がありました。

写真1 写真2