【相撲】高等学校相撲金沢大会出場



 5月29日(日)に石川県金沢市卯辰山相撲場で行われた高等学校相撲金沢大会へ,本校の2年生チームが出場しました. 大会は3人制の団体戦および個人戦で, 団体予選3試合の結果に基づいて,団体決勝トーナメントへ進出.団体予選で 3連勝した選手のみが,個人戦へ出場します.

 本校は,下記のメンバーで試合にのぞみました.

 先鋒 制御情報工学科2年 柴原 陽介 君
 中堅 電子機械工学科2年 柴原 巨貴 君
 大将    商船学科2年 土屋 辰之 君


 予選1試合目は,大会2連覇中の地元金沢市立工業高校が相手でした.各選手は,ふたまわりも大きな相手に向かってひるむことなくぶつかりましたが,さすがに全国優勝  を目指すチームには及ばず,3敗という結果でした.

 2試合目は,沖縄の中部農林が相手で,先鋒の柴原陽介君が相手と五分にわたりあいましたが  惜しくも土俵際で,切り替えされました.大将戦では,土屋君が持ち前のレスリング経験を活かして  足を取りにいき,惜しい場面がありましたがあと一歩及びませんでした.  結局,この試合でも勝ち星をあげることは出来ませんでした.

 3試合目は,地元の羽咋工業が相手で,先鋒の柴原陽介君が,まず1勝をあげました.中堅の巨貴君は  組み手十分で何度も相手を寄り切るべく土俵際につめますが,最後は身長差が響き惜しくも敗れました.  最後の土屋君も敗れ,残念ながら団体戦で勝利をあげることは出来ませんでした.


 初めての全国大会で,本来の実力を出すことは出来ませんでしたが,来年度は決勝トーナメントに  残るべく稽古に精進していきます.