プログラミングコンテストで文部科学大臣賞受賞



10月9日10日に鳥取県米子市で開催された全国高専プログラミングコンテスト(通称プロコン)で 制御情報工学科5年生チームが見事文部科学大臣賞(最優秀賞)を獲得しました.
プログラミングコンテストは,全国63校の高等専門学校に学ぶ学生を対象としたコンピュータ プログラムのコンテストで,課題部門,自由部門,競技部門の3部門からなります.

6月初めに予選が行われ,本校からは課題部門2チーム,自由部門1チーム,競技部門1チーム, 合計4チームが参加しました.今回,4チームの参加は全高専の中で最多のチーム数でした.

課題部門で文部科学大臣賞を受賞した「お洗濯とりこMail」は雨が降ってくれば洗濯物を自動的に 取り込んでくれるほか,天候が回復し晴れれば再び出してくれる,携帯電話からの遠隔操作可能など,その明確な コンセプト,今にも販売可能なシンプル構造などが高く評価されました.
プレゼンテーション審査では「いくらくらいで販売するつもりか」という質問まで飛び出すなど商品化を 見据えた議論も繰り広げられました.
その他,グラウンドゴルフを自動でプレイする「モンQ・GG」が課題部門に出場し敢闘賞と学生が選ぶ優秀作品の3位, リアルタイムに遠隔地で人形劇を行う「3D DA .net」が自由部門にエントリーし敢闘賞を受賞しました.

競技部門では「ハートを捜せ!」という題目どおり,ハート型に加工された画像がオリジナル画像のどの部分に あたるのかという高度な課題に挑戦しました.本校チームは1回戦は0個の正解であったため,敗者復活戦に 回りましたが,敗者復活戦では6個のハートを当てるなどもう一歩で2回戦へ進出しそうな惜しい展開でした.

プログラミングコンテストの模様はNHKサイエンスゼロで近々放送されるほか,日系ソフトウエアなどの雑誌等でも紹介 される予定です.



参加学生と指導教員


         
課題部門「お洗濯とりこMail」
             教員   北原司 
 制御情報工学科      五年生   上村直也  木下玲子小磯領平
                    高祖英司  辻井祥子




課題部門「頑張れモンQ・GG! ?元祖グラウンドゴルフロボ?」
         
             教員   江崎修央 
 制御情報工学科      五年生   菊川和樹  竹内靖子
                    三井友和  インドラヘルマワン




自由部門「3D DA .net ?3D人形アニメーション作成システム?」          
             教員   北原司 
 制御情報工学科      五年生   井田健吾  木下勝之
                               坂中洋之  中西航




競技部門            
             教員   江崎修央 
 制御情報工学科      四年生   ラヴィン 
 制御情報工学科      二年生   杉本真佐樹  山崎清也