[相撲]三重県高校新人戦で優勝、準優勝


 11月14日(日)に宇治山田商業高校相撲場で,三重県高校新人相撲選手権大会が行われ,制御情報工学科1年柴原陽介君と電子機械工学科1年柴原巨貴君が出場しました.多くの父兄や磯部の志友館相撲道場の仲間が応援にかけつけてくださいました.

 団体戦は,各校3人での対抗戦で行われ,本校は一人も負けられない状況の中,明野高校,三重高校に快勝し,宇治山田商業高校(山商)に次いで準優勝となりました.


 個人戦は,体重別,学年別,無差別級の試合が行われました.

個人の部(軽量級)
 体重92キロ以下の選手で争われた軽量級の部で柴原陽介君が見事に優勝しました.1回戦は山商の中村君をあびせ倒しで,2回戦は同じく山商の大森君を寄りきり,決勝では山商の前田君を倒しました.同じ階級に出場した柴原巨貴君は,1回戦で準優勝した前田君と当たり,惜しくも敗退しました.

個人の部(1年生の部)
 1年生の部の決勝戦は鳥羽商船同士の対決となりました.懸命の応援の中で,柴原陽介君が優勝柴原巨貴君が準優勝となりました.

個人の部(無差別級)
 第1シードの柴原陽介君が,2回戦で山商の岡村君を下手出し投げ,準決勝は三重高の西井君を押し出し,実力どおりに決勝までコマを進めました.しかし,決勝戦では宇治山田商業の主将である森本君に寄り倒され,準優勝となりました.また,柴原巨貴君は,1回戦で三重高の奥村君を送り出しで破りましたが,2回戦で優勝した森本君と当たり,惜しくも敗退しました.


 本校では正式な相撲部は無く,日々の練習は磯部にある志友館で行っています.今後,柴原君たちの活躍にあこがれて,在校生や新入生の相撲への参加が盛んになることを期待しています.


柴原陽介君,柴原巨貴君からのメッセージ

 私たちは部員が2人しかいない同好会活動程度の部活ですが,この大会の結果,予想以上の結果を残せたため,次の大会は県内で優勝を目指しがんばっていきます.
 相撲に興味のある人は,ぜひ一度見に来てください.