プログラミングコンテストで審査委員特別賞を受賞



 10月9日,10日に愛媛県新居浜市で行われた第15回全国高専プログラミングコンテストの自由部門において,本校4年生のチームが審査委員特別賞(3位相当)を受賞しました.

 本校の自由部門にエントリーしたチームは「?響?吹奏楽上達支援システム」を開発して大会に挑みました.開発システムは,吹奏楽での個人の技術向上をサポートするものです.画面に表示された譜面にあわせて楽器を演奏することで,リアルタイムに演奏技術が評価され,楽しく楽器演奏や読譜技術の向上が図れるようになっています.プレゼンテーション審査,デモンストレーション審査,マニュアル審査を通して,システムの面白さと完成度が高く評価され,特別賞の受賞となりました.

自由部門 参加学生と指導教員

 制御情報工学科4年 三井友和,山田健人,菊川和樹

 指導教員 制御情報工学科 北原 司

 また,課題部門にも制御情報工学科4年生のチームがエントリーしました.今年の課題部門は「記憶のかけら」をテーマに,自然画像の写真を192個に分割したパズルをすばやく解くというものでした.本校チームは,練習試合,本選をとおして,すべての試合で満点を取得したものの,解答時間差でおしくも上位進出はなりませんでした.

競技部門 参加学生と指導教員

 制御情報工学科4年 インドラ,岡村和樹,佐々木雄也

 指導教員 制御情報工学科 江崎 修央