平成15年度 全国高等学校総合体育大会(陸上競技)


  表題の大会が7/29(火)〜8/2(土)に、長崎市のかきどまり陸上競技場で開催されました。本校からは、東海高校総体で優勝した岡村和樹君(制御情報工学科3年)が、30日の5000m競歩予選1組に出場しました。
 結果は、3800m地点までに、歩型違反(ロス・オブ・コンタクト)により失格となりました。ウォーミングアップまでの調子もよく、予選をクリアして決勝での8位入賞が期待されただけに残念な結果でした。大集団の後方から前に上がりきれず、後方で小刻みなペースアップを繰り返しているうちに消耗してフォームが乱れ、3人以上の競歩審判員に警告を出されての失格です。レースの流れに乗り切れないままの惨敗でした。レース運びが下手であったとはいえ、全国レベルでの激しい争いで戦うだけの本当の力がなかったということです。
 全国大会での失敗は全国大会でしか返せません。今回の失敗をばねにして、夏のトレーニングを乗り越えて、既に三重県の候補選手となっている国体での雪辱を狙います。
体育:山田